【当店シャリムンの創業当時の世間のパワーストーンブレスレットに対するイメージとは?】
 
今ではパワーストーンはポピュラーになり、有名人や芸能人などを始め、一般の方々 誰にでも普通に浸透していますよね。
 
ですが20年前の日本では、まだパワーストーンは一般的に受け入れられてなかったのです!
(20年前にパワーストーン店を開業、 改名してシャリムンになってから創業16年目です。)
 
その頃は、パワーストーンは怪しい宗教臭(?)のする、オドロオドロしいイメージしかなく、ちょっとした宣伝を出そうとしても『そのような怪しいお店は掲載させられません』というようなニュアンスで、あちこちで拒否されていました。
 
それでもヤフー広告のみは掲載させていただきました。
しかし、そのヤフーの広告掲載さえ審査がとても厳しく許可が下るまで何度も書き換えさせられ大変でした。
『パワーストーン店が私の使命』という強い信念もあったので、許可が下りるまで何度も何度も繰り返ししつこく書き直し、どうにか掲載まで行きついたという記憶もあります。
 
時代は代わり、今は全く逆で、あちらこちらの広告業者の方々から掲載しませんか?というご連絡がたくさん入ります。
中にはテレビショッピングの宣伝のお誘いまであります。
 
しかし、今のところこのままで、広告は出す予定はありません。
(今後また広告を利用することもあるかもしれませんが・・・)
 
 
ちなみに、ブレスレットに花型の石や星型の石などを入れてみたり、可愛いデザイン性のあるお洒落なパワーストーン店として世に売り出したのは、当店『シャリムン』が日本初だと思います。
既に丸玉だけを使用したパワーストーンブレスレットは他店でもみかけていましたし、
パワーストーンではなく普通のアクセサリーとしての可愛いデザイン性のある天然石ブレス店はありましたが。
 
当店のようなパワーストーンブレス店が他に無かったせいもあると思いますが、
当時は、広告は出さずとも開店して間もなく、注文が殺到しました。
開店前に広告が出せず悩みましたが、結果的にあまり必要なかったようです。
 
 
しかし・・・
日々忙しくなっていく仕事に、それこそ日夜寝る暇がなくなる時期がありました。
 
HP作り、更新、新商品の考案、製作、撮影、加工、HPへのUP,お客様とのメールのやりとり、無料相談、仕入れ回り、注文を受けてからの商品製作、浄化、ご祈祷、梱包、宛名書き・・・やることは尽きません。
全て私一人でやっていました。
 
また、1点物の商品ブレスやネックレスを100個位作って、〇月〇日〇時にHP上にUPしますと告知すると、その日時には全国の方がパソコン前に座って競って購入して下さった時期もあり、数分違いで買えなかったという多くのお客様が再販お願いしますなどと涙ながらにメールくださったり。
今はスマホが主流だと思いますが、当時のショッピングはほぼパソコンだったと思います。
 
 
しかも私は主婦でもある為、
毎日の家事、炊事は欠かせないし・・・1日平均睡眠が2〜3時間弱の状態が長く続きました。
本当に忙しすぎて、心身ともに限界の許容範囲を超えていました。
そうなると、受注発注でブレスなどのアクセサリーを作製してお届けするので、私の忙しすぎる波動がお客様にも影響してしまう事もあり悩んでいました。
お客様の中には「なんだかよくわかりませんが最近休む暇なく忙しすぎるんです」とメールを送ってくる方もおられたのです。たぶん共鳴してしまったのかと思います(汗)
 
 
そうこうしている内に、世の中全体にパワーストーンブームが起こり、あちらこちらのネット店でも可愛いお洒落なパワーストーンアクセサリーが続々と販売されるようになり、全国的に店舗型もどんどん増えていき、それにともない当店は落ち着いて来ました。そこから余裕を持った、仕事ができるようになりました。
 
最近では、滅多にホームページの更新をしていないのですが、それでも長い年月ご贔屓にしてくださるお客様も少なからずいらっしゃって当店は成り立っています。
本当にありがたい事です。ご贔屓のお客様方々には心から感謝しております。
 
ちなみに、当店は一度ご購入くださったお客様のリピーター率がかなり高いと思われ、70%以上です。
以前は大げさではなく、ほぼ80%以上のリピーター率でしたが、最近は更新していないのでそれが影響している模様(-_-;)
 
しかし、現在もリピーター様(ご贔屓様)に支えられてシャリムンは秘かにお店を続けています(笑)
 
ただ、近頃は新規のお客様があまり訪れません。
最近ようやく私的な用事が少なくなりつつあるので、これからは新たなお客様にも来てもらえるよう少し更新回数増やせるように考え中です!
 
創業当時の世間でのパワーストーン事情と、過去から現在にかけての当店の様子をお知らせしてみました。

2020年 8月25日
 
 
Top